ホーム 手賀沼 手賀沼の鳥 手賀沼の植物 手賀沼の動物 島の思い出 散策手帳 私の機材 手賀沼リンク

キバシリ (スズメ目キバシリ科 英名: Tree Creeper) 留鳥


室堂からの帰り、少し時間があるので美女平に寄ることにした。バスを降りたところで人に遊歩道の入口を聞く。その人からまだ雪が残っていて道がわかりにくいので気をつけていってくださいと言われる。
出迎え杉を見てから遊歩道に入っていく。道を下ると沢があり、雪で埋まっている。ちょっとそのあたりを眺めていると鳥が飛んできて、木に止まった。よく見るとキバシリだ。しかしなかなか撮影させてくれない。
しかたなく先に進むことにして雪でおおわれた沢を渡る。いちおう橋らしい場所があるのでそこを渡るようにして向かい側にでることができた。その奥ではイワウチワがあちこちに咲いていた。また雪に埋まった沢にでくわす。そこでしばらく様子を伺うが鳥はこない。しかたなく最初の沢でキバシリを狙うことにして引き返す。足元にはフキの花が咲いていた。
キバシリがいた沢を渡る。橋の上は雪解けでぬかるんでいるように見え、沢の雪を渡る。もう少しで渡り切るところで、雪を踏み抜いてしまった。小さな沢でも油断してはいけない。さいわいカメラも足も無事だった。

撮影場所 立山・美女平
撮影日 2011年5月18日

撮影場所:阿寒郡鶴居村
撮影日:2006年3月5日

図鑑によると全長 13.5 cm。随分小さな鳥だ。しかも木の色とそっくりで注意して見ていないと、いることに気がつかない。

手賀沼散歩 <- 日本の鳥 <- キバシリ